World War Z (2013) : ワールド・ウォーZ

マックス・ブルックスの同名小説を、ブラッド・ピットが自ら製作を担当し、映画化したパニック・スリラー。世界規模で急激に蔓延し、全人類を滅亡に誘う謎のウイルスと、それに立ち向かう人々の戦いを描く。ブラッド・ピットは人類の希望たる国連職員に扮する。監督は『007 慰めの報酬』のマーク・フォースター。

World War Z (2013) : ワールド・ウォーZのあらすじ

元国連捜査官のジェリー(ブラッド・ピット)はいつものように妻と2人の娘を車に乗せ家を出るが、街は異常な事態となっていた。世界規模で流行する謎のウイルスがついにアメリカにも迫ってきたのだ。避難場所を探す彼らは間一髪のところを救われるが、ホワイトハウスは混乱に陥っていた。国連の空母に避難したジェリーは事態収拾の大役を任される。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。