The Tree of Life (2011) : ツリー・オブ・ライフ

2011年カンヌ国際映画祭で最高賞にあたるパルムドールに輝いた感動作。寡作で知られる孤高の天才テレンス・マリック監督が6年ぶりにメガホンを握り、荘重で幻想的な映像をふんだんに織り込みながら、数十年にわたる父と息子の葛藤を描く。自ら出演を熱望し製作も兼任したブラッド・ピットとショーン・ペンの豪華共演に注目。

The Tree of Life (2011) : ツリー・オブ・ライフのあらすじ

1950年代のアメリカ・テキサス州。オブライエン家の長男ジャックは、両親と2人の弟たちに囲まれて何不自由なく暮らしていた。だが、繊細なジャックは、慈愛にあふれた母と厳格な父との間で板挟みになってしまう。それから40年後。実業家として成功したジャックは少年時代を振り返り、人生の意味を探ろうとする。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。