Moneyball (2011) : マネーボール

ブラッド・ピットがプロ野球チームのカリスマGMに扮した実話ストーリー。紆余曲折の末、独自の経営哲学“マネーボール理論”によって、メジャーリーグの歴史を変えたビリー・ビーンの半生を描く。フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ライトといった演技派が脇を固めるほか、当事者である監督や選手も実名で登場する。監督:ベネット・ミラー、出演:ブラッド・ピット、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ライト、ジョナ・ヒル

Moneyball (2011) : マネーボールのあらすじ

高校時代にスカウトされ、メジャーリーグの選手になったビリー。だが、短気な性格が災いし、引退を余儀なくされる。その後オークランド・アスレチックスの経営陣に加わるが、チームは破産寸前だった。コンピュータを駆使して独自の理論を構築したビリーは、優秀な選手を安く雇って飛躍的に成績を上げていく。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Seven Years In Tibet (1997) : セブン・イヤーズ・イン・チベット

  2. The Devil’s Own (1997) : デビル

  3. By the Sea (2015) : 白い帽子の女

  4. Allied (2016) : マリアンヌ

  5. Twelve Years a Slave (2013) : それでも夜は明ける

  6. Fury (2014) : フューリー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。