Once Upon a Time in Hollywood (2019) : ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 

『パルプ・フィクション』などの鬼才、クエンティン・タランティーノ監督による長編9作目。1969年の黄金期のハリウッドを舞台に、落ち目の俳優とその専属スタントマンが映画界で奔走する姿を描く。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが本作で初共演を果たすほか、マーゴット・ロビーやアル・パチーノなど豪華キャスト陣が脇を固める。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド のあらすじ

TVドラマの元人気俳優で今は悪役ばかりのリック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、映画スターへの道が拓けず焦る日々が続いていた。そんな情緒不安定気味な彼を、親友でありスタントマンのクリフ・ブース(ブラッド・ピット)がそばで支え続けていた。ある日、リックの隣家に気鋭の映画監督、ロマン・ポランスキーとその妻で新進女優のシャロン・テートが越してくる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Inglourious Basterds (2009) : イングロリアス・バスターズ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。